2019年5月28日
シェアリングエコノミー協会・準シェア会員に加入
報道関係者各位
2019年5月28日
株式会社 PacPort
Release_20190528.pdf

このたび、株式会社PacPort(本社:東京都中央区 代表取締役社長:沈 燁、以下「当社」)は、一般社団法人シェアリングエコノミー協会に準シェア会員として登録されました。

シェアリングエコノミー協会は、我が国において官民連携でシェアリングエコノミー活動を推進・発展させているコミュニティ・ネットワークです。現在、260を超える企業や団体が所属しています(2019年5月末時点)。

シェアリングエコノミー協会の公式サイトより画像引用

■ シェアリングエコノミーとは

インターネット上のプラットフォームを介して、個人間のシェア(賃借や売買や提供)を推進する新しい経済活動です。

■ シェアリングエコノミー協会の基本理念

1. すべての人が様々なカタチで、経済行為に参加できる社会の実現

2. 新しい経済行為を活性化させ、日本経済全体の発展に寄与すること

3. プラットフォーム事業者の健全なるビジネス環境と利用者保護体制の整備

当社は、「宅配業界の課題をシェアリングエコノミーで解決」をモットーに、宅配ボックスの共有化(シェアリング)により、人(利用者・宅配員)・モノ(荷物・宅配ボックス)・金(課金システム)・スキル(IoTソリューション)・場所(設置場所・利用シーン)の活性化を目指します。この点で、当社は協会の基本理念に合致しています。

■ 株式会社 PacPort 概要

社名
株式会社 PacPorthttp://www.pacport.com/
設立
2018年5月18日
所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10番地1号 GINZA SIX 13F
代表取締役社長
沈 燁
事業内容
IoT コンサルティング/ソリューション開発/代理販売

■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社 PacPort